経営者様・ご担当者様、人事労務でお困りではありませんか?

沢山書類があって困り果てる
  • 外国人を雇用しているが、トラブルが起きないか不安だ。
  • 障害年金の申請が思ったより難しい。
  • 問題社員の対応に悩んでいる。
  • 助成金を利用したいが、うちも受給できるだろうか?

そんなときは、お任せください!

みなさんのこかげです!

最新情報


~当オフィスの特徴~

英文翻訳


私の活動する、福岡・長崎・佐賀地域におきましても、外国人社員をお持ちの企業様はますます増えており、それに伴いトラブルも増えています。

トラブルは企業様と社員様の双方にとってストレスになり、正常な運営がストップしてしまいます。

 

就業規則作成は基本的にどの社労士もできます。しかし、就業規則の英文翻訳ができるのは一握り。

 

社労士として法律面から、翻訳家として語学面から、皆様をフォローさせていただきます。

年金事務所窓口担当


年金の中でも、障害年金はほかの年金に比べて高い技術性が求められます。障害年金はありとあらゆる傷病が対象だからです。しかし、社労士は高い技術があればそれで良いでしょうか?

 

私は年金事務所での窓口担当を経験してまいりました。お客様がどんな点に不安を抱いていらっしゃるのか、どんな点が分かりにくいのか、どうご説明したらよいのかを熟知しております。社労士と話すのは腰が引ける、という方でもお気軽にご相談いただけます。

密度の濃いサービス


 「大きな事務所だから安心と思って頼んだのに、若い人しか来てくれず、話がかみ合わない」

 

意外とよく聞く言葉です。

当オフィスは個人事務所です。

企業様との対応は私がすべて対応いたしますので、フットワークが軽く、また、担当が変わる心配もございません。密度の濃いサービスをご提供します。