経営者の皆様の強い味方―助成金


有能な人材を確保したい、事業を拡大したい。

これは事業主の皆様の願いであると同時に、日本経済再生のため、国の推し進める雇用政策に調和するものでもあります。

国は様々な助成金を準備して、がんばる経営者たちの背中を押しています。

 

助成金の第一の特長は、返済しなくていいことです。

これが何を意味するか、皆様には明白でしょう。

その額の純利益を得るためにはどのくらいの売り上げが必要か…

 

助成金の受給には、当然のことですが、高い基準が求められます。

就業規則の整備、労働者の管理、出勤簿の作成、賃金の適正な支払い。

逆に言えば、助成金を受給できるというのは、これらの基準をクリアしていると公的機関からお墨付きをもらうようなものです。

労働基準監督署などから突然調査があったとしても、動揺する必要はありません。

助成金の審査の段階で、労働関係法令の違反がないことが確認されているからです。

 

助成金の受給により事業主の皆様には、経営そのものに打ち込んでいただけるのです。