障害年金の受給が難しい理由

自動的にはもらえません

五里霧中

障害年金は、老齢年金や遺族年金と同じ、国が運営する保険制度の一つです。

しかし、老齢年金や遺族年金が、ある状態になれば自動的に支給されるのと違い、障害年金は請求をしなければ受けられません。誰が受け取れるのか、どんな病気やけがが対象なのか知らずに、受け取れるはずの年金を受け取っていない方が沢山います。しかも、もらい忘れても誰も教えてはくれないのです。

 

 

 

審査があります

ほかの年金とは違い、障害年金は行政による審査があります。

 

この審査は、医師の「診断書」と本人の「申立書」により、書面のみで行われます。しかし、医師の診断書は必ずしも請求者の状態を正確に表すわけではありません。また、本人による申立書も障害の状態を適切に伝えるためのポイントを外してしまえば、やはり障害年金の受給には至りません。

 

無料支援には限界があります

役所や年金事務所の相談窓口、診察を受けている医療機関、ケースワーカーなど、無料相談や無料の手続き支援があります。しかし、彼らには制約があるため、あなたの障害年金受給を最後までフォローすることができません。