障害年金の申請代行サービスの流れ


ステップ1 無料相談・お問合せ

電話代がご心配であれば、メールをお送りください。こちらから折り返しお電話させていただきます。

 

ステップ2 委託するかの決定

ご契約の前に、傷病名やおおよその初診日をお伺いします。

後日、受給資格の有無を年金事務所で確認させていただきますので、委任状をお送りします。

確認の結果、受給資格に問題がなければ、当オフィスにお任せいただけるか、ご自分で申請されるかをお決めいただきます。

ここまで料金は発生いたしません。

 

ステップ3 ご契約

当オフィスの業務内容をご納得いただけましたら、契約書にご署名と捺印、着手金をお支払いいただき、業務開始となります。

 

ステップ4 医療機関への文書作成依頼

障害年金の申請には多くの書類を揃える必要がありますが、中でも一番時間がかかるのは、医療機関で作成していただく文書です。

受診状況等証明書はだいたい1~2週間で書いていただけますが、診断書は2~3週間のところもあれば、1ヵ月以上かかるところもあります。

障害年金を1ヵ月分損しないように、当オフィスでは主治医の先生へ「月内に間に合わせていただきたい」旨のお願いを依頼状に書いてお渡ししています。

 

 

ステップ5 住民票等の取り寄せと請求書等の代筆

診断書が出来上がるのを待っている間に、その他の文書を作成します。請求者側で記入する用紙はすべてこちらで代筆いたしますので、依頼主様にはご捺印のみお願いしております。

 

ステップ6 病歴・就労状況等申立書を完成させ書類一式提出

診断書ができましたら、記入漏れなどの不備がないかを確認し、問題なければ、病歴・就労状況等申立書と診断書に矛盾がないか照らし合わせ、申立書の清書に入ります。

出来上がった申立書を依頼主様にご確認いただき、こちらで書類一式を年金機構へ提出いたします。

提出後に、年金事務所の受付控えと書類一式のコピーを依頼主様宅へお送りします。

 

ステップ7 成功報酬のお支払い

3~7ヶ月後、障害年金が支給となった場合に成功報酬をお支払いいただき、終了です。